kabu.hibariの記事一覧

  • 東北摂食嚥下リハビリテーション研究会

    11/12(日)に東北摂食嚥下リハビリテーション研究会の研修会に参加してきました。 テーマは「地域とつなげるチームアプローチ」でした。 東北中の医師・歯科医師・管理栄養士・ST・PT・OT等が集まり、摂食嚥下について様々な視点での考え方や研究データ…

  • パーキンソン病友の会 有志旅行

    11/8〜9でパーキンソン病友の会の有志旅行で茂庭荘に行ってきました! 事務局の方からのご依頼で講座をさせて頂くこととなりました。 今回特別な機会なので、まずはサプライズで資料の中に当たりクジをいれ、当選者にパーキンソン…

  • 平成30年度介護保険報酬改定

    平成30年度介護保険報酬改定の研修を国会の進行に合わせて定期的に開催しています。 介護経営事務所や常日頃の様々なメディアのニュース、国からの情報などを集約した内容を集約したものになっており、なかなか充実した内容になっているのではないかと自負しています。(笑) これは、…

  • 介護予防体操教室

    10/6(金)に郡山地域包括支援センター様よりご依頼を頂き、グリーンライフ仙台様にて介護予防体操教室の講師を担当させていただきました。 このイベントは10月の毎週金曜(6・13・20・27)に開催される介護予防教室のイベントの一つとなっています。 …

  • 日本の100歳以上の高齢者数

    先日、厚生労働省より日本の100歳以上の高齢者数が発表された記事が日本経済新聞に取り上げられました。 日本経済新聞 1963年は全国でわずか153人しかいなかったようですが、現在は6万7824人もいらっしゃるようです。大半は女性で、5万9627人と…

  • 介護保障シンポジウム

    9/14に「重度の障害があっても自立した生活を実現しよう!〜ともに介護保障を考えるシンポジウム〜」に参加してきました。 今回のようなシンポジウムは東北では初開催のようです。 非常に珍しいテーマであるため、開催日を心待ちにしていました。 数量限…

  • パーキンソン病iPS細胞の研究

    京都大学のiPS細胞研究所であるCiRA(サイラ)より「パーキンソン病霊長類モデルにおけるヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の移植の有効性と安全性の確認」の研究結果が公表されました。 京都大学iPS細胞研究所 CiRA 以下引用 …

  • ガンの5年生存率の現在

    ガンは、今や日本人の2人に1人が発症すると言われる病気です。 訪問看護・訪問リハビリでも関わらせていただく機会がある『ガン(癌)』ですが、近年研究は飛躍的に進んでおり、昨年の10月に発表された大隅良典教授のノーベル生理学・医学賞受賞は皆さんも印象に残っているかと思います。 …

  • 福祉用具入門-Part1-

    今回は「福祉用具」がテーマです。 昨今、「リハ」「デイ」「ヘルパー」などの認知度が非常に向上しています。 「福祉用具」も上記ほどではないかもしれませんが、認知度が向上してきているワードの一つといえるでしょう。 日々の訪問でもご利用者やそのご家…

  • 終末期のケア

    終末期のケアの研修を行いました。 「終末期」とは、『いつからがはじまりなのか』という議論は行われているものの、様々な理由で明確な定義がなかなか難しい現状があります。世界的に見ても、日本はイギリスなどと比べて高齢者の終末期ケアへの関心は低いとされており、国民性や社会状況も関係…

ページ上部へ戻る